怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

Profile

このサイトについて

名古屋で活動するタップダンサー I-Iide(hide)のブログ・サイトです。
不定期で活動や、タップに関する個人的な意見などをアップしています。
ライブ情報・レッスン情報も随時更新していますので、よければチェックしてもらえるとうれしいです。

自己紹介

プロフィール画像_スクエア

I-Iide(hide)
– Musician & Tap Dancer –

会社員として働く傍ら、名古屋のストリートを中心に Musician &Tap Dancerとして活動しています。
幼少期よりピアノやギター等楽器に親しみながら育ち、大学時代にTAPと出会う。その後、R3 TAP-HOLIC市川ミサオK-jiMIYOらに師事する。
即興性を活かしたパフォーマンスでストリートからクラブ、ライブハウス等にて活動中。

ソロパフォーマーとしての活動以外にも、ギター×カホン×タップによるインストバンド ”もやもやラジオ” としても活動中。Nagoyaポップアップアーティストとしても、週末のストリートに音楽を届けています。

2019年夏に事故により脊椎骨折を経験。現在復帰を目指し療養中。

出 身愛知(現在も愛知)です
性 格人からは、マイペース。頑固。自由人。ポジティブ人間。と言われます。
趣 味タップダンス、写真、音楽、楽器演奏、Webデザイン
目 標カッコイイ父親になる!! & タップダンスの普及
音 楽Miho Fukuhara、Fried Pride、Jabber loop、Schroeder-Headz、African Drums
映 画TAP、トゥルーマン・ショー
カメラRolleiflex3.5F、LeicaDⅢ、Trip35 (フィルムカメラ好き)
好きな言葉Love the life you live. Live the life you love.

タップダンスって知ってますか?

はじめまして。I-Iideです。平日は会社員として働く一方で、休みの時間を利用して、ミュージシャン・タップダンサーとして活動しています。
タップ歴はすでに10年を過ぎ、経歴だけ立派になりつつありますが、知れば知るほどタップの奥深さを思い知らされています。

知っているかと聞くと、ほとんどの人がイエスと答えてくれるのに、質問を変えて、「タップダンス見たことありますか?」「タップダンスやったことありますか?」と聞くと、ほとんどがノー。
知名度はあるのに、あまり知られていないってほんと不思議です。

最近は、TVのCMや特番でタップダンスを見かけることも増えてきましたが、タップダンスは世間一般にはまだまだマイナーです。

”名古屋のタップシーンを盛り上げたい!!”

ただでさえマイナージャンルのタップダンスですが、東京や大阪と比べると、名古屋はまだまだタップ人口自体が少ない。
タップダンスを教える教室も数えるほどしかなく、多くは舞台をメインに据えたシアタースタイル

多くの人がイメージするタップダンスがこのシアタースタイルだと思います。
シアタースタイルは、タップダンスに違いないですが、あくまでひとつのスタイル(形式)です。

より音楽的で、ビートの効いた「リズムタップ」「ファンクタップ」なんてスタイルもあります。
リズムタップを間近で見た人から、「タップダンスのイメージが一気に変わりました!!」なんてよく感想をもらいますが、僕自身がそうでした。グルーヴィで、力強く、体が一緒に動きだす感じ。

必ずしもみんなに受け入れられるものではないかもしれませんが、もっとタップを知ってほしい。体感してほしい。できれば好きになってほしい。そんな思いで活動しています。

子どもたちにこそ、タップダンス

イギリスでは、小学校のカリキュラムにタップダンスかクラシックバレエの選択があるそう。休みの日には、タップのショーを気軽に見ることもできるほど浸透しているとのこと。
リズム感と運動神経って実は関連性があるそう。足から刺激を受けることで、脳の発達にも良い影響があるらしいです。
ぜひ、日本でもタップダンスどんどん取り入れてほしいですね。

1年や2年で、日本がそこまで変わることはありえないですが、今後、日本のタップシーンが盛り上がることを期待してるし、積極的に関わっていければと思っています。
それには、まず身近な名古屋から!!ひょっとしたら、もっとローカルに!!経験積んで、実績重ねて腕(足?)を磨いていきます

10年後、20年後。近所の子どもたちがステップ踏んで遊ぶ姿が見れるようになったら最高です!!