よく使うステップ紹介

ひとつひとつの動きに名前があります

靴の前後にある金属の板と床を打ち鳴らして音と動きで表現するタップダンス

一見シンプルに見えますが、足を使ってリズムを創るというのはかなり難しいです
だからこそ、すこしでも細かい動きの違いを正しく伝えるために、それぞれのステップに名前がつけられています。
タップの歴史の中で、名前のつけられたコンビネーションなどもあります。

最初から全てを覚える必要はありませんが、レッスンや練習を通して少しずつ理解を深めていってください。

タップダンス用語

ステップ名解説
BALL TOUCH(主にボールの部分で)タップスで床を踏むこと。
STEPボールの部分で体重移動すること。
BRUSHボールの部分で床を蹴ること。
フロント・ブラッシュ、バック・ブラッシュがある。
SHUFFLEフロント・ブラッシュ → バック・ブラッシュ
PLANE TAP一般的に、シャッフル → ステップのこと
3連符のリズムで踏むことが多いです。
SLAPフロント・ブラッシュ → タップ (体重移動しない)
FLAPフロント・ブラッシュ → ステップ(体重移動する)
SPANKバック・ブラッシュのこと。一般的にはアクセントのつくもの。
HOP片足で飛んで、同じ足で着地すること。(ボール部分で)
DIGスコップで土を掘るようにヒールを床につきたてるようにして音を出すこと。
DROPヒールを床につけたままボールを持ち上げ、ボールを打つことをボールドロップ。
反対はヒールドロップ。
STAMP足の裏全体で床を叩くこと。体重をかける。
STOMP足の裏全体で床を叩くこと。体重をかけない。
CHUGヒールを少しあげて、ボールを少し前へ滑らすよう(ボールは床につけたまま)にしてからヒールドロップを打つこと。
SCUFFヒール部分で床を蹴ること。
RIFFフロント・ブラッシュ → スカッフ
CLICKボール同士または、ヒール同士をぶつけて音をだす。
CRAMP ROLL基本形は、Rステップ、Lステップ、Rヒールドロップ、Lヒールドロップ。
他に色んな組み合わせあり。
PADDLE ROLL片足でディグ、バックブラッシュ、ステップ、ヒールドロップの4つの音を出し、左右交互に繰り返すステップ。
ディグ以外から始めることもある。
PULL BACKジャンプ、バック・ブラッシュ、ステップ。両足や片足などバリエーションが多い。
言葉ではわかりづらいので、先生に聞いてみてください。
MAXIE FORDWINGRスタンプ、Lシャッフル、Rバック・ブラッシュ、Kステップ、Lヒールドロップ、Rトウの言。
WINGサイドにこするようにして足を持ち上げ、バック・ブラッシュ、ステップ。
プルバック同様、わかりづらいので、先生に聞いてみてください。

☆注意
上記は、レッスンの中でよく耳にする機会が多いものを掲載しています。
しかし、講師の方によって呼び方が異なることも多々あります。
あれ?と思ったら迷わず確認してください。

他にも沢山のステップの名前がありますので、興味のある方は調べてみるとおもしろいかもしれません。