怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

手術から3週間

手術から3週間
第一腰椎を固定していたボルト除去手術(抜釘術)から3週間経ちました。1週間前まで残っていた重く響く痛みはかなり減りました。日に日に回復を感じながらの生活です。

術後の経過について

日常生活について

3週間経って手術前の状況にかなり近づいてきました。
ただ、30分くらい歩くと少し腰が重くなったり、座っていられる時間が短かったりとまだ思うようにいかないことは残っています。

先週まで続いた痛みが薄れた

先週まであった、重く強い痛みはかなり治まりました。あのまま痛みが残ったらどうしようか、真面目に考えたりもしましたが無駄に終わってよかったです。

誰もが同じだと思いますが、痛みがひどかったり長く続いたりすると、体への負担はもちろんですが、気持ちがネガティブになりがち。痛いとメンタルやられます。自分も同じです。負のスパイラルに入り込まないように別のことに意識を向けたり、痛みが酷いときは横になって眠ったり。。。結果的に睡眠時間は激増ですw

長時間座っていられない

普段の仕事がほぼ座りっぱなしのため、座れる時間が延びるのが今の問題です。調子が悪いと10分置きくらいに姿勢を変えたりしないといけないので、集中できる時間がかなり短いです。少なくとも2〜3時間くらいは連続していけるようにしないとね。

入浴許可でました

抜鈎後、一部傷の治りが悪く入浴制限されていましたが、無事傷もふさがり入浴許可もでました。3週間ぶりの入浴はほんと幸せでした!!やはり湯船につかって体を温めると疲れが取れます。

仕事復帰

予定より1週間遅れましたが、無事仕事復帰。まだ長く座っていられないので、テレワークですが。。。1年前に復帰した際は、自分でも笑えてくるほど頭が回らなくて苦労しましたが、流石に3週間空いたくらいだったので、半日ほどでなんとか落ち着きました。

ただ、やはり座っていると腰が徐々に重く・痛みがでるため、頻繁に立ったり座ったり伸びをしたり。。。なかなか集中力が続かない状況です。

来週は、出社して状況みながら完全復帰を目指します。

ダンスについて

手術前は、少し足慣らしをしたり、軽く踏んでみたりしていましたが、手術後はまだシューズすら履いていません。体を傾けたりすると痛みがでるので、リハビリはもう少し様子をみながら。

下手に動かして痛みがでると怖いので、、、あと1週間くらいは我慢します。

手術前の状況までもうひといき

3週間経って、ようやく手術前の状況までもう少しのところまで回復が感じられるようになりました。順調に治ってきたからこそボルトを抜いたのですが、それでも抜いた結果痛みがでたり、再骨折しないかどうかなど不安はあります。

毎日少しずつ痛みが減り、体力も徐々に戻ってくると、不安も減るので、もう少し無理せず自分のカラダと相談しながら療養していきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す