怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

抜釘手術から二週間

ただいま自宅療養中です、
気づけば抜釘手術からちょうど2週間が経ちました。時間の経過とともにどんな状況か書いておきます。

術後の状況

退院直後

一年前は、ギプスをしていたため手術から3ヶ月近く入院していましたが、今回は約一週間で退院。抜糸も終わらない状況で少し不安を抱えつつも予定どおり退院しました。

痛み止めは欠かせない

入院時もそうですが、基本的には毎食痛み止め欠かせません。飲んでいても痛みはあって、たまに悶絶しそうなときも。。。
切った傷の痛みは少なく、腰にどっしりと重たい痛みがメインです。

一年前を思えば、全然マシ。カラダを起こしたり、立ったり座ったりも痛いながらもできる。ただし、薬のせいなのか体力が落ちているせいなのかははっきりしませんが、眠気がひどい。一日の1/3くらいはベッドの上で寝ている状況。

座っているのはしんどい

椅子に座っていられるのは、調子のいいときで1時間くらい。大抵は30分くらいで腰に痛みがでる。痛みもひどくなるので、結果すぐに横になってそのままおやすみモードへ。

血液検査異常あり

退院前の血液検査で、CPK(筋肉細胞の破損を示す数値)が基準値の4倍以上あったらしい。1日最低2リットルは水分摂取するよう何度も言われました。動いてないのであまり喉も渇かないのですが、無理やり水飲んでました。ほっとくと、腎臓が詰まってしまうこともあるらしいです。。。

一週間後

睡眠時間10時間以上の生活

1週間経っても眠気がひどいまま、朝起きても昼過ぎまではまた横になっている状況。痛みは多少軽くなった程度。あまり変化は感じられません。

術後10日で抜糸(抜鈎)

一年前は、治りが悪く再縫合しましたが、やはり今回も一部キズの治りが遅く、再縫合まではしませんでしたがもう少し経過観察とのこと。。。体質的に治りにくいのでしょうか??きちんとくっついている部分も少し段差ができてしまっていたり、まだ腫れがひいていなかったり、なかなか思うようにはいかないようです。

二週間後

少しずつまともな生活ができるようになってきた

座っているとまだ痛みますが、普通に立っている分にはかなり痛みは減ってきた感じ。少しずつ動いても良さそうな気がしていました。

調子にのって痛い目に

痛みが落ち着いた日。天気も良かったため、一日起きてあれこれ動いていたら、急に腰がズキズキ。立つのも屈むのもひと苦労な状況に。。。料理の作りにもフライパン持ち上げるのもヒヤヒヤしながら恐る恐る動かないといけない状況。

骨自体が痛むというより、腰の疲労からくるのか、寝ても座っても立ってもズキズキ。翌日・翌々日になってもあまり良くならず少し不安がよぎっています。ただ何事もないことを祈ります。。。

そして、これから

週を明けると、抜鈎後の経過確認のため診察があります。ここで再縫合にならないことを祈ります!!!
そして、いよいよ仕事復帰!予定より1週間ほど延びてしまいましたが、無理のない範囲で戻る予定です。

1ヶ月間は、運動控えるように言われていますが、状態が改善したら、またシューズ履いてタップ踏むぞ!目指せ年明け復帰!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す