手術の影響?体の変化

自分は、どちらかといえば人より汗をかくタイプ。夏場、レッスンが終わった頃には水を浴びたように汗だくになっていることも少なくない。そんなときは、もちろんTシャツは恐ろしい状態。濡らしたタオルみたいに色も変わって、ずっしり重い。

体を動かすようになって気づく変化

夏前頃からレッスンに通ったり、自主練したり、少しずつ体を動かすようになりました。
以前ほどではないですが、汗もかくようになってきました。

怪我してから運動量が激減したのに加えて、コロナで外出する機会もかなり減りました。汗をかく機会自体が減っているので、体質が少し変わったのだと思っていました。

そこでふと気づく。「背中」だけ汗をかいていない??
怪我する前は、背中が一番多く汗を流していたはず。なぜ??

数日気にしているともう一つの発見が。
左足(足の裏側)も汗をかかない。なぜ??

骨折した際、脊椎を圧迫していたこともあったので、ひょっとしてその影響か?腰の左側はまだ違和感残ってるし、、、なんて考えてみたり。

「背中」「左足」
場所も全然違うので、怪我による後遺症ではなさそう。。。

手術の影響?

そして、もう一つの可能性が「手術の影響」
切開すると血流が変化(?)するために、その部分の体温が下がったりすることがあるらしい。。。手術前に医師から聞いたらしい、自分のメモ発見!!

手術で切ったのは、「背中」「左脇腹」「左足付け根」の3箇所。
右側は触ってないので、今まで通り。これだ!!

わかるとスッキリ。ちょっと安心

2年以上経過して、今更気づいた体調の変化。
こういう時に、根っこのネガティブな部分が、ひょっこり出てきたりするんですよね。すぐ引っ込むけど。

ありえないとは思いながらも、負担かけすぎたのかとか考えて、少しだけ不安を感じたり。
まだしばらくは、思いっきり体動かしすぎないように気をつけたり、違和感にストレス感じたりするんでしょうね。

ワクチン2回目終わったし、スポーツの秋だし、ひさしぶりに板持ちだして、ストリート・タップやろうかな〜

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two × 2 =