怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

ついに抜釘手術

1年前、旅行先のホテルで階段から転落。第一腰椎(L1)を骨折しました。2度に渡って、固定手術を受け、約3ヶ月入院。その後の経過観察で、手術箇所の骨癒合が確認できたため、ついに抜釘手術が決まりました。


手術は2020年9月18日。カレンダーを振り返ると、1年前に急性期病院を退院してリハビリ病院へ移ったのが、9月17日。ちょうど1年前。偶然ですが、なんだかちょっとだけうれしかったです。

前回の入院は3ヶ月の長期間でしたが、今回の入院は1週間の短期入院。ただし、新型コロナへの感染予防対策のため面会は禁止。怪我や病気でただでさえ不安な中、気を許せる人と会えないのはそれだけでストレスフル。大変な世の中になりました。

入院は手術の2日前から。手術に向けて体調整えます。
病棟に行くと、1年前にも担当してくれた看護師さんがいて、不安な気持ちも少し和らぎました。見知った顔を見るとやっぱりホッとします。

今回の手術も全身麻酔。前日に手術内容の説明を受け、いざ!手術室で眠ったら、意識が戻ったときにはもう病室のベッドの上です。

1年前の手術後は、息が詰まるほどの激しい痛みと背中の筋収縮。しんどかった記憶だけで、どれくらい痛かったかは全く思い出せません。今回の手術に関して言えば、想像していた痛みの半分くらいでした。がんばれば鎮痛剤なしでも乗り切れそうなくらい。

とはいえ、全身麻酔の影響で、多少息苦しくなったり、強い眠気に襲われたりで、手術当日はひたすら耐える一日でした。

手術翌日からは、座ったり、トイレに行く程度の歩行もOKとのことですが、痛いのは変わらないため動くたびに気合を入れて。。。連休だったため、退院は9月23日。予定どおり退院できました。

手術で取り出した金属もらってきました(予想以上にで太くてビビりました。。。)

手術前後の写真(左:手術後、右:手術前)も忘れずプリントしてもらいました。ではしっかりボルトがなくなっています。

退院してから120日(ボルトの穴が塞がるまで)は激しい運動はダメ!とのことで、ダンス復帰は年明けになりそうです。

復帰まであと一歩!無理すると、空いた穴の部分が骨折する恐れもあるそうなので、もうしばらく注意しながら我慢の日々が続きます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す
目次
閉じる