怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

足慣らし

手術まであと一ヶ月となりました。
普段の仕事は業務都合で、月末と月初はいつもバタバタと一瞬で過ぎていきます。気持ち的には、もう間もなくです。

エアコンの効いた部屋のベッドでひたすらゴロゴロ過ごす日々。もう遠い過去のよう。。。
暑さなんて微塵も感じなかった1年前の夏。
去年とのギャップが激しいのもありますが、連日35℃を超える暑さ(場所によっては40℃超え!?)と、コルセットを合わせた4枚の重ね義にぐったりしながらもなんとか耐え忍んでいます。

最近、復帰に向けたリハビリ(?)のため、タップシューズも履いて練習はじめました。
タップシューズ履いたのも、実に6ヶ月ぶり!こんなに履かなかったのは、タップはじめて以来初です。

練習とはいっても、前かがみや深く曲げる動作、ひねりはNG(ボルトが折れる可能性があるらしい)。まだまだ動きに制限があります。時間も短めに30分程度。ちょっとした足慣らし。

いざタップシューズ履いて練習してみると、足の筋力低下を痛感!!片足でバランス取るのも結構危うい。
片手を壁に添えて、片足ずつシャッフルをしばらく続ける。。。空振りだらけ。体幹が衰えているのも明らかで、クランプロール(左右交互にステップ→ヒールと鳴らす。4サウンド・ステップ)は、滑らかさは微塵もなく、ガタガタ。

毎日コツコツと反復練習あるのみ。

(やること)

  • 左右交互にステップ(できる限りヒールアップ)
  • 左右交互にヒール
  • クランプ、クランプロール
  • シャッフル(膝は伸ばして、足のつけ根を回す)
  • ブラッシュ、スラップ、フラップ
  • 4連をひたすらに(BPM90-120)

手術に向けた体力づくりにもなるから一石二鳥!継続は力なり!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す
目次
閉じる