「SO TAP 7」を終えて

SO TAP7 からあっという間に二週間が経ちました。
同じ舞台に立って、緊張しながらもステップ踏んで、気持ちをひとつにタップを披露する。
みんないい顔で踊ってた。

下は6歳から、上は92歳(!)  

大人も子どももみんなが一緒になって楽しめるってやっぱりいいですね。それができるタップって素晴らしい!タップダンサーであることを誇らしく思います。

OPENクラスで使った楽曲 / I’ll Be There – Walk Off The Earth –

3年ぶりの発表会。

本番2日目。
フィナーレで舞台に立つ。戻ってこれた。

こみ上げてくる気持ちを抑えるのに必死でした。


3年前、発表会が終わって少し落ち着いたところで行った家族旅行。2泊3日の最終日。
朝食のレストランに向かう途中で子どもを抱えたまま階段から転げ落ちた。

今でもなんでそうなったのかは覚えていない。

ダメだ!と思った瞬間、無意識に自分から前に回った。2回転。
尻もちと同時にスゴい衝撃が頭の先まで走った。

一瞬の出来事でした。

救急車に運び込まれてからも、受け入れ先の病院がなかなか決まらない。
土曜日の早朝。ようやく決まった病院までは40分。

レントゲン撮影の結果は腰椎骨折。そのまま入院決定。痛みで全く体が動かず、考える余裕もなかった。
子どもは額を切っていたものの、少し縫うくらいで済んだ。

5日後、今後の治療を考えて、専門医のいる名古屋の病院へ転院。
そこでの診断結果は、第一腰椎破裂骨折。他にも何箇所か骨折があったらしい。

聞いていたよりもずっと重症らしかった。

ひょっとしたら車椅子での生活になる可能性も、
排泄障害が出る可能性も。と聞いても、あまり実感できませんでした。受け入れたくなかったのかも。受け入れた瞬間そうなってしまいそうで。。。

「I’ll be there」 つながり s**t kingz

深刻さを実感したのは、入院から約一ヶ月後。最初の手術を控えて医師から説明を受けた時でした。

事故後初めて見るレントゲン写真。骨が押し潰されてバラバラに割れて、半分くらいの大きさだった。背中側の神経もかなり圧迫されていて、麻痺症状が出ていないのが不思議な状態だったらしい。。。
その日はあまりのショックで眠れなかった。

『できればタップを続けたいです』

転院した際に、主治医にお願いしたことです。

願いが叶いました。
まだ違和感は残ってたりして元通りとは
言えないけど、戻ってこれた!

目が覚めると、一番最初に足を動かしてみる。
ちゃんと動く!まだ大丈夫!
実は、怪我から3年経った今も続いてます。
、、、もうクセになってる感じですがw

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

five × 3 =

目次