怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

いよいよ、手術(2回目)

先日、2回目の手術説明を医師から受けました。

1回目の説明の際にも、ある程度内容は聞いていたので、サプライズはありませんでしたが、頭と気持ちの整理のため、書いておきます。

目次

手術について

2回目の手術名は、
Th12〜L2 前方固定術(L1椎体亜全摘)、自家骨・人工骨移植術』です。
長い。漢字多いし、文字面だけ見てると仰々しくて、不安になります。

目的

第一腰椎の破裂骨折に対して、1回目の手術(後方固定)で後ろ側の支えを作ったのですが、骨折の程度がひどく、前方の支えが不安定とのこと。このため、今度の手術で、前方の支えを作って脊椎を安定させるために行います。

内容

前回同様に全身麻酔下ですが、側臥位(横向き)で行われます。

また、術野確保のため、片側の肺だけを縮める(止める)”分離肺換気”と呼ばれる特殊な麻酔方法がとられるそうです。

 

手術としては、左胸部を切開した上で、一番下の肋骨を切除することで、手術箇所へアプローチします。それから骨折部を摘出し、そこに椎体の代わりとなる金属ケージを入れてジャッキアップすることで、第12胸椎〜第2腰椎までを固定するという流れです。

ケージ内と周囲に、切除した肋骨や骨盤の一部を移植することで、骨癒合(骨ができるの)を狙うそうです。

イメージとしては、3つの椎体をくっつけて1つの骨にしてしまう感じらしいです。

 

ちなみに、術後の痛みとしては、前回行った、後方アプローチよりも前方アプローチの方が「痛い」らしいです。麻酔科医いわく、2倍痛いらしい(だいぶ盛ってると思いたい、、、)

当然、痛み止めも、その分強いものが出されるそうなので、どうなるのか。。。

今度の手術が終わればひと山越えて落ち着けます。翌日には、(当然、術後の痛みは伴いますが)ギプスを巻いて、歩けるらしいです!!

術後の経過を診ながら、ギプスが取れるまでの8週間リハビリ生活へ突入です!

 

まずは、次の手術を「歩きまわれるようになる!!」を目標に乗りきります!

術後の経過は、落ち着いてきたら書きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す
目次
閉じる