入院生活

術後(2回目)の経過と状況

手術からちょうど一週間経ちました。
1回目より痛いと言われていた前方手術。術後の痛みや現在の状況を書きました。

 

当日午前(術前)

当日は、朝から食事も水分もNGです。
予定は13:00〜。午前にはギプスを外し手術着に着替え、点滴をして準備万端。呼ばれるのをベッドの上で待つだけです。

実際に手術室に入ったのは30分遅れの13:30頃。

前回同様に手術室手前で受付をし、取り違え防止のため、手術内容の確認や、アレルギー等についてやりとりしたのち、手術室に移動します。手術室では、心電図や血圧計などがテキパキと装着され、その後麻酔がかけられます。。。スーッと意識がなくなっていきます。

1回目とは違って、落ち着いた気持ちで眠りました。

手術直後〜翌日

今回も気づいたら、病室のベッドの上でした。

意識は前回よりもはっきりしていて、痛みも前回ほど強く感じなかったです。前回よりも強い痛み止めがしっかり使われていたからかな??
正直、痛みのピークで言えば、前回の半分くらいのレベルだと思います。傷自体の痛みより、筋収縮による痛みのほうが、ほんとキツかったです。。。

手術後は、翌日7:00頃の回診が終わるまで、仰向きのまま動くことは絶対にNGです。ただじっと堪えて時間が過ぎるのを待ちます。痛みは強いので、やはり眠れませんでした。

朝方になると、強い痛み止めが終わり、少しずつ効果が切れてきました。
左足が痛い!!腰骨のあたりが激痛で動かせません。。。少し力をいれるだけで激痛!!
回診で、横向き寝OKがでるも、痛くてほとんど動かせませんでした。。。

前方手術の場合、ギプスは、術後2日経ってからとのこと。

手術翌日は、動けず、ひたすらベッド上で時間がすぎるのを待つハメに。。。ずっと寝ていたためか、夕方頃から少しずつ息苦しい感じることもありましたが、手術の影響だろうとひたすら我慢。。。

 

術後2日目

午前中に手術箇所の管が外れ、ギプス巻へ。管が取れるとほんの少しだけど痛みも小さくなります。

前回同様ティルトベッドを使い、血圧が下がらないかテストを実施。今回はなんとかクリア♫

立った姿勢のまま、ギプスを巻いていくのですが、巻き終りの段階で異変が、、、

段々と立っていることがしんどくなり、視界がぼーっとしてきて、冷や汗と耳鳴りが。。。血圧も60近くまで下がってしまいました。巻終わりと同時に座らせてもらい、ベッドで横になります。起立性低血圧症というやつです。一ヶ月以上寝てたから、どうしても血圧は下がり気味。ギリギリですが、なんとかギプスが巻けたことで、座ったり、立ったりの許可でました。

ただし、この日は、まだ立ち上がるだけで精一杯。体を起こしていると息苦しく、胸に痛みを感じました。起きては、横になる、、、繰り返すもほとんど立ち上がれませんでした。

 

術後3日目

午前中にレントゲン撮影。2回目の手術で肺の操作をしていたため、確認でした。

レントゲン撮影後、30分くらいしたら、CT撮影へ緊急呼び出し、、、緊急ってやめてほしい。呼吸器外科の診断の結果。気胸とのことでした。。。

気胸とはなんらかの原因で肺に穴が開いてしまい、そこから肺の外側の胸腔(きょうくう)内に空気が漏れ、肺がしぼんだ状態をいいます。発症の原因により、外傷性気胸自然気胸の2つに大きく分けられます。

手術中では確認できないほど細かい穴が空いてしまっていたようです。前日の息苦しさや、胸の痛みは、おそらく気胸によるものだったみたいです。

幸いにも、程度が軽いため、手術などの処置はせず、抗生剤の点滴と吸入をおこなうだけで済みました(経過観察

この日、歩行器を使って、病棟内を1周歩くこともできました。(100mほど)

痛みは、まだ傷よりも採骨した左の腰骨あたりが一番強く、足を持ち上げたり、横に動かそうとすると激痛です。左向きで起き上がるのは大丈夫。右向きで起きるのは痛みに耐えながらものすごくゆっくり気を使いながらという具合です。

 

術後4〜7日目

痛みは、少しずつ小さくなっています。安静にしていれば、我慢できるくらいまでになりました。

ただ、朝起きた直後は、やはり痛みが一番強く、少し気合が必要です。

まだ、左足は痛みが強いため、大きく動かしたりはできません。腰骨の痛みは少しずつ改善していますが、腰骨の痛みが小さくなった分、傷の痛みにも意識が行くようになって、プラマイゼロですね。

とりあえずは、歩行器なしで歩けるようになるところまで目指します!!

 

来週には、現在の病院からリハビリ専門の病院へ転院も決まりました。
ギプスは、あと7週間経つまで着けっぱなし。普通の生活に戻れるまで、約2ヶ月です。

今後は、リハビリを通して、普通の生活をするために必要な体力をつけたり、制限されるなかでの動作確認などをしていきます。

少しずつ、だけど一日でも早く普通に過ごせるようがんばります!!

ABOUT ME
I-Iide
名古屋で活動するTap Dancer楽器の一つとしてTapをとらえ、多くのミュージシャンとセッションを経験。名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」メンバーとして、NAGOYAポップアップアーティストライセンス取得
最新記事
コメントを残す