怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

入院生活3ヶ月目の状況

入院生活が始まったときは、まだ夏のはしりでしたが、今ではすっかり秋モード。入院生活も3ヶ月目に突入しました。今の状況残しておきます。

まず、病院の朝は、早い。もちろん夜も。。。

みんな5時頃からごそごそ。夜は8時位になると寝息が聞こえてくることも。トイレに行くにも介助が必要な方が多く、ガタゴトと普通に起こされます。これは、大部屋の宿命。


 

毎週、一週間分のスケジュールが日曜日に配られ、入浴時間やリハビリの予定が部屋に貼られます。回復期病院は思っていたよりかは退屈しません。

1回1時間のリハビリを毎日2回(多い日は3回)。朝イチのリハビリだと9時前からスタート。リハビリの内容もほぼ固定されてきました。

(主にやること)
・病院の周りを散歩15分程度
・足or肩のマッサージ・ストレッチ
・腹筋(足上げ) を20回 × 2セット
・背中の筋トレ(1.5kgの重りを上下に振る運動) を 20回 × 2セット
・エアロバイクを15分
・トレッドミルを15分

この中から2〜3個を組み合わせて実施してます。

あと、2時間くらい座っていられるようになったので、できることがまた増えた感じです。疲れてくると、腰が辛くなるので、歩いたり、横になったりしながらなるべく座るようにしています。これもリハビリかな。

病院内での生活は、ギプスで動きに制限があるものの、全て介助不要で自立のため、病院内でもトップレベルの元気さ。もちろん周りは50歳近く離れた方が多いですがw

 

リハビリの合間などの時間は、本を読んだり、スマホで映画みたり(Netfix、U-Nextのお試し期間フル活用w)、昼寝したり、少しばかり勉強したり(ほんの少しだけ)、、、

また、付添があれば外出も可能になったので、週末に周辺散策などして気分転換もできるようになりました。

元どおりとは程遠いですが、比較的ストレスなく入院生活送っています。
残り一ヶ月、貴重な自由時間を上手に使って過ごしていこうかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す
目次
閉じる