怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

術後4ヶ月の状況

年末からちょこちょこ体調を崩し、年明け風邪ひいていたので、少し過ぎてしまいました。
手術から4ヶ月が経過しましたので、ここ一ヶ月前後の変化を書いておきます。

 

[kanren url=”https://i-iide.com/2019/08/18/fall-from-the-stairs-to-the-ambulance-and-to-the-bedridden-life/”]

 

<Good>

「長時間座れるようになった」

普段は事務仕事なので、基本座りっぱなし(一日7〜8時間ほど)。
復帰前は、心配でしたが、復帰から一ヶ月経ってかなり慣れました。
痛みがないわけではないので、集中力が続きにくい点はまだ残っていますが、思っていたよりも大丈夫になりました。

 

「前傾姿勢がとれるようになった」

顔を洗ったりや手洗いしたり、鏡や画面を覗き込んだり。
ひとつひとつは大したことない動きですが、頻度が多いため結構ストレスを感じていました。
正月明け頃から、前かがみになっても腰に痛みがでなくなってきたので、うれしい変化を感じています。

 

「早足ができるようになった」

基本的に走ったりはまだNGみたいですが、少し小走りくらいなら問題なくできる(できそう)な感じになりました。
道路を横断するときに少し急かされることもあったので、小さなストレスが減りました。

 

 

<Not Good>
・車酔いが激しい

もともと酔いやすい体質だったのもありますが、かなり致命的です。
早いときは、30分かからない移動でノックダウンさせられてしまいます。
乗る機会自体減っているので、慣れもあるかと思いますが、、、

 

<気になること・課題>

頻度は減っていますが、日によってはまだ一日中腰が痛い日があります。痛みを忘れて生活できるのはいつでしょう?

運動できないせいもあって、ストレス発散がうまくできていない感じ。
まだしばらく今の状態が続くので、はやいところ運動以外で自分にあったストレス発散方法見つけないとダメですね。

 

診察は3ヶ月ごとなので、しばらくは背骨の状態がどうなっているかはわかりません。
当面は、小さな変化でもできることが増えることを楽しみながら過ごします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す
目次
閉じる