怪我の療養のため活動休止しています、経緯はコチラ

腰椎手術(一回目)と術後の状況

事故から約3週間。1回目の手術が無事終わりました。手術後の状況も含めて残しておきます。

目次

なぜ手術を選択したのか

入院後すぐに、どんな治療法があるのか、どれくらいの治療期間になるのか、とりあえず調べてみました。すると、腰椎骨折の8割程度は、保存治療が選択されるとの記事を見つけました。保存治療、、、要は安静にしてくっつくまで待つだけ。。。

ただし、腰椎骨折に関する情報は、ほとんどが高齢者を対象としたものばかり。それもそのはずで、腰椎骨折の大半が高齢者です。8割という数字だけで判断するのはどうでしょうか。若い人を対象とし記事は、ほとんど見つけられず、医師の判断が大きな割合を占めると思います。
幸いにも、担当の医師は、今後の生活や年齢を考えた場合、手術以外選択肢はないと最初から断言してくれました。

手術を勧める理由

  1. 潰れ方がかなり酷い
    腰椎が50%以上潰れてしまっていて、傾きも10度近くずれがありました。
  2. 足の痺れや痛みのリスクが高い
    幸いにも、痺れや麻痺状態はなかったのですが、神経を圧迫していたため、経過とともに、症状が表れる可能性も高いとのこと。
  3. 年齢が若い
    保存治療を選択した場合、仮に骨がくっついたとしても、腰が曲がってしまう可能性が高く、日常生活に支障をきたす恐れがある。

ここまで聞いたら、選択の余地は正直ありませんでした。

手術方法

1回目の手術は、後方固定術と呼ばれるものでした。

全身麻酔下で、伏臥位(うつ伏せ)になり、背中を開いて行いました。
対象は、第一腰椎。上下それぞれ2つの椎体(T11からL3まで)にボルトとロッドで動かないように固定し、同時に潰れた骨を引っ張り上げて矯正するというものです。

手術時間は、約4時間ほどでした。
手術室に入り、点滴から麻酔を入れたら、頭はぐるぐる、ふわふわ・・・
次に気づいたときには、手術は終わっていました。。。

(参考)脊椎手術.com

手術直後

意識がはっきりしてくると、まず激痛に襲われました。手術の痛みなのかどうかはわかりませんが、腰の筋肉が異常に収縮していて、ギリギリ締め上げられるような痛みです。力を抜こうにもどうしたらいいのか分からず、しばらくは呼吸も少ししづらい状況でした。人生で一番強烈な筋肉痛だったのかもしれませんw

痛み止めの点滴を追加してもらいながらも、痛みでほとんど眠れずに朝を迎えた気がします。時間の感覚があまりなく、浅間でに、一時間おきに看護師さんが見に来てくれるのが頼りでした。ちなみに、翌日の回診までは、寝返りは禁止&足を曲げるのも片足ずつというなかなか過酷な制限がありました。自分の場合は、痛くて寝返りどころじゃなかったですが、足も自由に動かせないっていうのはかなり辛いです。

手術翌日以降

朝の回診が終わると、ようやく横向き寝ができるようになります。が、多少落ち着いたといっても、痛くて横向きになるのも一苦労。痛くてそれどころじゃないです。

午後からは、ギブス巻き、、、
このギブス巻き、基本的には、立って巻くとのこと。寝たきりが長いと急に立つと血圧が下がってしまい貧血を起こす(起立性低血圧症)恐れがあるため、ティルトベッドを使って、少しずつ起こして血圧をチェック。。。立っても問題ないか確認されます。

自分の場合は、血圧が20近く下がってしまったため、結局立てず。うつ伏せ寝の状態で巻いてもらいました。立つどころか座っただけでも血圧が下がってしまったのですが、こればかりは少しずつ慣らすしかないとのこと。次の日は、リハビリの時間を使って座る練習を何度かトライ。。。手術後2日目には端座位OK(椅子などに腰掛ける)となりました。

[su_spacer size=”40″]
3日目辺りからは、痛みも次第に落ち着いてきて、寝返りや腰掛けるなど、体を動かすことも問題なくできるように。ただし、車椅子へ移る際は、中腰になると痛みがキツく、筋力も落ちているため、足もプルプルするしまつ。恐るべし寝たきり生活です。

リハビリでは、少しでも筋力を戻すために、スクワットと踵を上げる運動を繰り返します。2回目の手術が終わっていないため、あくまで腰掛ける姿勢まで、歩くことはできません。最初はプルプルしていた足も、5日目辺りからはスムーズにできるまで回復しました。リハビリでなるべく筋力を落ちないようにしつつ、次の手術まで体力の回復を待ちます。
[su_spacer size=”40″]
2回目の手術は、19日後です。次回は、1度目の手術の2倍痛い、、、と脅されました。それでも受けないことには治らないので、覚悟決めて望みたい思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

I-Iide TAP

名古屋で活動するMusician & Tap Dancer。 即興性の高いパフォーマンスを中心に、多くのミュージシャンとセッションを経験。 名古屋のTAPシーンを盛り上げるべく活動中。 ギター×カホン×タップダンスの3ピースバンド「もやもやラジオ」として NAGOYAポップアップアーティストライセンスを取得

コメントを残す
目次
閉じる